渋谷で小児歯科を受診するには

subpage01

小児歯科は主に小学生ぐらいまでの子どもを対象にしており、子どもに配慮した歯科医院です。

子どもの場合、歯医者に対して痛い、音が嫌だ、という思いから通院するのを嫌がり、虫歯があっても隠していることがあります。虫歯は早期に治療をすると痛みや恐怖心をあまり感じずに済みますが、ある程度進行してしまうと痛みを生じ、治療も長引いてしまいます。親が仕上げ磨きを行っていても年齢的に小学校中学年ぐらいからは無理になるので、子ども自身が歯がおかしい、と感じ伝えることが必要となります。

よりシンプルさを追求した渋谷の歯医者の珍しい情報をご紹介しています。

子どもが自分から歯の調子を伝えることができるよう、渋谷の小児歯科では子どもの気持ちに寄り添った治療と、言葉がけ、雰囲気作りをしています。渋谷の小児歯科では、無理に治療を行おうとせず、なぜ虫歯になったのか治療をしないとどうなるかをわかりやすく説明しています。

その上で、診療台に上がりたくない場合は保護者と共に上がることもでき、治療への恐怖心をなくしていきます。

また、渋谷の歯科医院では治療する際、あらかじめ機器を見せることも行っていることがあります。

診療後は、ごほうびをくれるところもあり治療の励みとなるように考えているところもあります。


歯科衛生士や歯科医師の服装も明るめのエプロンを用いているので、医者独特の雰囲気を感じずにすみます。

有望な日本経済新聞情報選びを親身になってアドバイスいたします。

親への対応に関しても、子どもの虫歯を責めるのではなく、どのように食生活に気を付けるか歯磨きの習慣づけはどうしたらよいかアドバイスを行っています。