バナー

離婚を考えたらまず弁護士に相談を

離婚は人生において重大な決意です。

一度パートナーとして選んだ相手であっても、結婚後、様々な事情から離婚に至ることは決して恥ずべきことでも悪いことでもありません。




むしろこれからの生活を、人生を前向きに考えていくことこそが重要です。

しかし、離婚をされる場合には、精神的な面についても様々な悩みは生じるでしょうが、法律的な問題についても処理しなければなりません。

例えば、財産分与をどうするか、子供がおられる場合親権はどうするか、子供の養育費はどうすべきか、相手方に不貞行為などがあった場合に慰謝料を請求すべきか、などについて様々な問題が生じえます。



その場合、法律の専門家に相談をすることが後日のトラブルを回避するため重要となります。

離婚の法律問題を相談できる専門家としてはどのような専門家が良いのでしょうか。
まず、離婚すること自体についてはお互い異論はなく、財産分与や親権、養育費の定めについて問題となる場合には行政書士や司法書士へ相談されることがおすすめです。

財産分与や親権については離婚協議書を作成することとなりますが、離婚をすること自体について意思の合致があれば、専門的な問題点については法的書類作成のプロである行政書士や司法書士が適切な協議書を作成してくれるでしょう。
また、後述する弁護士に相談するよりも費用が安くて済みます。



これに対して、離婚すること自体について当事者双方で言い分が食い違ってしまっている場合には弁護士へ相談する必要があります。



例えば、不貞行為の有無について相手方が認めていない場合場合には、最終的には裁判手続を利用して争うことになります。

裁判手続を利用する場合には弁護士へ相談する必要があります。



ただ、弁護士は法律問題のプロですあり、相談のための費用が予想よりも高額なものになってしまうことがあり得ます。
可能な限り協議で離婚を成立させられる場合にはそれに越したことはないといえます。

http://matome.naver.jp/topic/1M2mz
http://gigazine.net/news/20090408_nazi_paintings/
http://www.gunben.or.jp/